PCT加盟国での手間を省くPCT出願

PCT加盟国での手間を省く
PCT出願

PCT(Patent Cooperation Treaty)出願では、直接出願の手間を省いた方法で、特許協力条約により、本国(日本)で申請したものはPCT加盟国であるすべての国に同時に出願したとして扱われます。
  • メリット

    メリット

    • 外国への特許出願手続が簡素
    • 発明を評価するための調査結果を事前に確認できる
    • 原則30ヵ月の猶予期間を得られる
  • デメリット

    デメリット

    • 願国が少ない場合は費用が割高になる
    • 非加盟国には出願することができない
PCT出願はあくまでも「出願しただけ」のなので、審査をおこなうための国内移行手続きが必要です。 権利を取得する国ごとに国内移行手続(entry to national phase)をしなければいけませんので、PCT出願しても国ごとの手続きが必要なのは変わりありません。

図

PCT方式で出願する場合の参考費用横にスクロールできます

簡易調査 PCT出願費用 国内移行費用 中間処理 登録
0 日本語原稿がある場合 35万円 日本語原稿がない場合
53万円~
アメリカ
100万円
中国
70万円
EU
90万円*1
※翻訳費用を含み、英文にして1万ワードの場合の料金です。
*1は、英文が別途用意されている場合の料金です。
アメリカ
55万円
中国
35万円
EU
65万円
※1回あたりの手直し費用
アメリカ
20万円
中国
10万円
EU
130万円
その他の国の手直し費用をみる その他の国の登録費用をみる

補助金や助成金を使うことで
出願費用最大半額になる可能性も!

国や自治体からの補助金で最大半額になるケースも。
補助金認定の実績多数!面倒な申請手続きもサポートします。


PCT方式

  1. 国際段階
    軽減申請により減額あり

    日本語原稿がない場合 約530,000円(税込)~
    日本語原稿がある場合 約385,000円(税込)~
  2. 外国に展開

    外国へ移行時
    移行基本手数料 165,000円(税込)
    翻訳代(日本語→英語) 44円(税込)/word
    現地費用 アメリカ 約385,000円(税込)
    中国 約242,000円(税込)

    その他諸費用がかかります。

    拒絶された場合
    応用作成費用 約22,000円(税込)~/時間
    国内移行時のトータル費用の目安 アメリカ 約1,100,000円(税込)、中国 約770,000円(税込)、EU 約990,000円(税込)*1、韓国 約550,000円(税込)、台湾 約528,000円(税込)、ロシア 約660,000円(税込)*1、インド 約264,000円(税込)*1、オーストラリア 約495,000円(税込)*1、シンガポール 約308,000円(税込)*1、マレーシア 約275,000円(税込)*1、タイ 約605,000円(税込)、フィリピン 約264,000円(税込)*1、ベトナム 約605,000円(税込) 翻訳費用を含み、英文にして1万ワードの場合の料金です。*1は、英文が別途用意されている場合の料金です。為替レートにより変動します。

出願前の簡易調査無料*1

外国人弁理士・元特許庁OB在籍!
最適な出願方法のご相談から承ります。

かんたん1分申込み毎月10社限定
無料*1で調査・診断を申し込む

お電話でのご相談:0800-111-8444
受付:9:00~18:00土日祝日定休

*1:出願前調査無料は中小企業様に限らせて頂きます。

Menu