他社で断れた学用品に関する特許を取得した事例

他社で断れた学用品に関する特許を取得した事例

  • 学校で使用される用品について、複数の特許事務所で複数の弁理士に相談したところ、どの弁理士にも特許を取得することができないと言われていました。紹介により弊所に相談にいらっしゃいました。お話を聞いた時点では、他の弁理士と同様にそのままのアイデアでは特許を取得することができないことが分かりました。
  • 製品は、世の中にあるものを単に組み合わせるというものでしたので、これでは特許にできないため、袋の部分について、複数の課題に着目して学校で使用しやすいように工夫をしていただいた結果、特許になりそうなアイデアを出していただくことができました。

    この内容で、特許出願したところ、拒絶理由を受けたものの、無事に特許を取得することができました。意匠と商標についても権利を取得することができました。
  • 取得した知財をもとに、商社と連携し、一部は自社製品として、その他の部分はライセンス提供により他社へ実施を許諾することを考えられています。

    知財ライセンスによる収益を上げるビジネスモデルであるため、契約がとても重要になります。改良製品については特許と意匠を順次取得して知的財産権の範囲を広げていきます。

国内特許一覧に戻る

Menu