【製造】家庭用の電気機器の特許取得から未来を見据えた知財戦略

【製造】家庭用の電気機器の特許取得から未来を見据えた知財戦略

  • 大手の企業の製品が市場の大半を占め、特許も沢山だされていた市場に対して、新たに安価な製品を投入したいという希望がありました。
  • 特許調査をしたところ、抵触する可能性のある多くの特許が見つかりました。1件ずつ精査して、数件の特許に抵触する可能性がありました。この特許については、設計変更をしていただき、他社の特許に抵触しないようにしていただきました。

    市場に投入する製品に対応する特許について、特許出願をすることで、無事に特許を取得することができました。
  • 製品を改良すると、他社の特許に抵触する可能性があるため、他社の特許に抵触しないように、注意しながら製品を開発していくことが必要になります。

    特許が何もないと大手企業に対抗することができないため、改良製品に対して、特許と意匠を取得していく必要があります。

国内特許一覧に戻る

Menu