【化学】訴訟回避と複数特許を取得しライバル製品の参入を阻止

【化学】訴訟回避と複数特許を取得しライバル製品の参入を阻止

  • 他社に訴えられたことをきっかけに訴訟対応と今後の知財戦略の検討のご依頼を受けた。
  • 他社に提起された訴訟を無事に回避し、製品の製造販売を継続することができるようになった。

    新しい製品に向けて、数値限定発明の特許を複数取得して、ライバル会社が新しい製品と同様の製品を市場に投入できないよう、知財網を構築して、その一部について特許が順次取得できています。
  • さらに次の世代の製品についても、数値限定発明による特許出願を準備しており、こちらの製品についても他社の参入障壁となる知財網を構築することを予定しています。

国内特許一覧に戻る

Menu