【IT】新たなシステムの特許取得と権利収益をあげる知財戦略

【IT】新たなシステムの特許取得と権利収益をあげる知財戦略

  • 新しいシステムを開発したため、特許を取得したいとのことで、ご相談にいらっしゃいました。内容が類似する特許が既にあったのですが、特徴を出すことができ、無事に特許を取得することができました。
  • 同様のサービスを提供する競合が出てきたので、現在、知財による収益をあげるためにライセンス交渉を行っております。ライセンス交渉が上手くいかない場合には、侵害訴訟に持ち込む予定です。

    独占的な実施を選ぶのではなく、他社に実施許諾をして、知財による収益をあげるとともに、競合とともに市場を拡大するオープン戦略を取っています。
  • 競合が増えてきているので、さらに知財網を築くために、開発中のアイデアについて、特許出願を複数行う計画を立てています。

国内特許一覧に戻る

Menu