【ホームプロダクツ】登録に難航していた国内商標取得事例

【ホームプロダクツ】登録に難航していた国内商標取得事例

  • 複数の事務所から「識別力が弱いので登録は難しい」といわれた商標ですが、会社として戦略的に権利化したいので出願を依頼しました。

    案の定、拒絶理由通知が来ましたが、意見書の主張が採用されて、登録を得ることができました。また、過去に他の事務所で拒絶査定になった商標についても、再チャレンジで出願を依頼しました。補正、分割出願や審判請求もして、最後に登録審決を得ることができました。

    昨今、特許庁の識別力の判断は厳しくなっており、この種のご相談が増えています。意見書や審判請求では、自分が審査官・審判官として拒絶をするとしたら、論拠としてどこが弱いかを考えて、そこを突くような主張・立証をするようにしています。

国内商標一覧に戻る

Menu