【アパレル】商標の不使用取消審判と商標登録出願を行った事例

【アパレル】商標の不使用取消審判と商標登録出願を行った事例

  • 自社ブランドについて、商標登録を取りたいということで、相談にこられた。調べてみると、取りたい商標については、既に大手企業が商標登録をしていることがわかった。
  • 商標自体を他の商標に変えてはどうかとお話したところ、その商標は思いれが強いので、どうしても変えることはできないとのことだった。調べてみると大手企業の商標は使用されていないことがわかった。

    そこで、商標法上の不使用取り消し審判を請求するとともに、同じ商標について商標登録出願を行なった。その結果、大手企業の商標は、不使用を理由に取り消すことができ、商標登録出願は無事に登録をすることができた。
  • 将来的に使いたい商標については、事前に商標調査をきちんとして、後で困らないようにすることがとても重要であり、今後は商標の調査を事前にやっていただいて、問題ないことがわかった上で、その商標をブラントとして使用していただくようにしている。

国内商標一覧に戻る

Menu