【学識関係】マドプロ出願における工夫

【学識関係】マドプロ出願における工夫

  • 個人でコンサル事業を開始する予定で、商標調査、出願の依頼をしました。自分自身で行った調査では気づかなかった発見もあり、登録が認められやすい商標の構成態様や、将来のマドプロ出願も想定に入れた指定役務の記載方法などについて助言をいただきながら、無事に出願を済ませました。マドプロは優先権主張できるギリギリのタイミングに出願しましたが、出願時には基礎登録となっていたので安心して出願できました。

    特に、予算や時間に制約のあるお客様には、出願前の段階で登録の可能性の高い商標の採択や出願方法について、専門家として知恵を絞るようにしています。マドプロ出願を想定している場合は、日本では基準通りの記載でも国際事務局や指定国で訂正・拒絶の対象となることもあるので、国内出願の段階から工夫しておいた方が効率的です。

外国商標一覧に戻る

Menu