副所長/弁理士 青木 博文

青木 博文

副所長
弁理士/法学修士
元特許庁商標課長
青木 博文Hirofumi AOKI お問合せはこちら

プロフィール青木博文弁理士は、東北大学文学部において哲学を、筑波大学大学院法学部において法律学(企業法学専攻)を学びました。
2018年に弁理士登録。
1984年 日本特許庁に入庁。
特許庁商標審査官として商標に関する様々な産業分野の審査を行いました。その後、特許庁審判官として、商標に関する審判業務及び訴訟業務を担当しました。また、経済産業省や知的財産研究所への出向により、知的財産政策や産業政策に関する業務経験を積みました。

特許庁審査業務部時代には、審査長として、食品、雑貨・繊維分野の審査の品質管理を行うとともに、国際分類室や制度企画室の室長として、国際分類の改定や商標法改正(新しいタイプの商標の保護制度の導入)を実施しました。

その後、商標課長として、商標行政全般に関する業務について、国内ユーザーはもとより、海外の知財庁や世界知的所有権機関との協力を推進しました。審判部においては、化学、食品分野の商標の審判長を務めるとともに、上席部門長として商標審判部門を代表して渉外業務に当たりました。

商標の活用や係争に関わる分野に精通しており、審査官、審判官としての多くの経験を持ちます。長年の特許庁勤務で培った経験を生かしながら、クライアントのニーズにきめ細かく対応し、迅速かつ的確に仕事を達成することを常に心掛けています。

主な業務知的財産に関する業務
商標に関する権利化業務、審判、訴訟・調査

専門分野商標全般

学歴東北大学文学部哲学科卒業
筑波大学大学院法学部ビジネス科学研究科修了 法学修士

経歴特許庁
商標審査官
審判官
審査業務部審査長
審査業務部商標課長
審判部第35部門(商標)上席部門長

所属団体日本弁理士会
日本商標協会
日本知財学会

外部活動

2018年度~現在特許庁審査官コース研修等講師
2018年度~現在川口市 発明・商標相談会講師、新製品開発振興奨励制度審査委員
2018年度~現在アジア太平洋工業所有権センター(APIC) JPO/IPR研修講師
2019年度一般社団法人日本国際知的財産保護協会(AIPPI JAPAN)
「マドリッド協定議定書に基づく国際登録の分割及び併合に関する調査研究」
アドバイザー委員
2019年度一般社団法人食品需給研究センター「日 EU・EPAの発効を踏まえた緊急実態調査委託事業の検討会」委員
2020年度日本貿易振興機構(ジェトロ)
「地域団体商標海外展開支援事業 案件選考審査委員会」委員
2020年度~現在独立行政法人工業所有権情報・研修館 「知的財産権研修」講師
2020年度~現在工業所有権審議会臨時委員(試験部会)
2020年度~現在公益社団法人著作権情報センター 「商標と著作権委員会」委員
2021年度東北大学 知財セミナー講師

言語日本語、英語

趣味等読書、旅行

Menu